http://gemcerey-dicha-web.seesaa.net/
ジェムケリー@中継局

ジェムケリー@中継局/dichaマリッジ リングなどアパレル情報

ハンドメイド指輪google ジェム ケリー dicha

ジェムケリーの宝石アパレル関連情報をご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/指輪 より>

ハンドメイド
ハンドメイドはまず地金を小型のローラーで延ばし、必要な長さや幅、厚みの板を作る。その板を丸めて輪を作り、ロウ(ここでのロウは蝋ではなく、溶接したい地金と近い金属のこと)を使ってロウ付け(溶接)する。

その後、側面や表面をヤスリで削り、シリコンゴムなどを使って表面をあら磨き。最後にバフという磨き機で仕上げする。職人の技術によって出来上がりに差や狂いなどが生じたりする。ロウ付けした部分が変色したり、取れてしまったりと経年変化も見られる。

ジェムケリー@中継局/dichaマリッジ リングなどアパレル情報

指輪製造@ジェム ケリー ペアリング

ジェムケリーの宝石アパレル関連情報をご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/指輪 より>

ロストワックス法
まず原型を金属(加工が簡単でコストが安い銀が多い)でつくり、それを元にゴム型を作成する。できたゴム型にワックス(蝋)を流しこみ、原型と同じ形のワックス原型を何本も複製する。このワックス原型をツリー状に接着し、できたツリーを耐火石膏の中に埋没させ、石膏が固まるまで乾燥させる。乾燥後、加熱してワックスを溶かし、排出(それでロストワックス法といわれる)。

ワックスが流れ出た後には原型と同じ空洞が生まれるので、その中に金やプラチナなどの地金を流し込む。地金が固まったら耐火石膏を割って、複製された金やプラチナなどのアイテムを取り出し、表面を磨いて仕上げする。

原型さえ作れば何本でも同じものを複製できるので、コストがかからず大量生産しやすい。しかしこの製法は、地金の中に空気を含むことが多く、表面を磨くと”す”といわれるでこぼこが出たり、加工硬化も期待できないので、強度は低い。

ジェムケリー@中継局/dichaマリッジ リングなどアパレル情報

各種指輪@ペアリング ジェム ケリー

ジェムケリーの宝石アパレル関連情報をご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/指輪 より>

ファッションリング
服飾を目的とする指輪。小指に嵌めるピンキーリング、卒業校から記念に斡旋されるカレッジ(スクール)リングなど。左手薬指以外に嵌める。

インタリオリング
認印付き指輪。嵌めたまま捺すのではなく、捺印の時は外して手に持つ。

婚約指輪
婚約するとき(または婚約したあとで)、
男性から女性に贈られる指輪(婚約を参照)。
俗に“値段は給料の3ヶ月分”と、デ・ビアス社がCMをした為に根づいたもの。ヨーロッパでは2ヶ月、米国では1ヶ月でCM戦略をとったという。現在日本では、独身男性の平均所得の給料1ヶ月〜2ヶ月半分というのが一般的。

通常、左手の薬指にはめる。結婚式当日には、右手の薬指にはめたあとで、式の途中で左手の薬指にはめ直す。結婚した後は、結婚指輪と重ねて左手にはめることもある。

結婚指輪
結婚した夫婦がひとつずつはめる指輪。日本では左手の薬指が一般的だが、国や宗教によっては右手の薬指にはめる事もある。昭和40年頃まで日本ではポピュラーでは無かった習慣であるが、生活の欧米化に伴い増加した。また、紐を通して首から下げるカップルもいる。

ジェムケリー@中継局/dichaマリッジ リングなどアパレル情報

銀製指輪@ジェム ケリー ブライダル リング ペアリング

ジェムケリーの宝石アパレル関連情報をご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/指輪 より>

日本の指輪
日本ではもともと指輪をはめる風習は無く、明治になって西洋風の指輪が入ってくるまでは江戸時代に中国のものが入ってきただけで、それもほとんど白銅製の粗末なものであった。素材は後に銀製になり、銀製指輪は明治中期まで用いられた。

ジェムケリー@中継局/dichaマリッジ リングなどアパレル情報

毒入り指輪@ジェム ケリー ペアリング ジュエリー

ジェムケリーの宝石アパレル関連情報をご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/指輪 より>

「教皇の指輪」は聖ペトロが漁をする姿を彫り込んだ物でもともと教皇の認印に使われたが(指輪印―インタリオリング)、15世紀半ば頃からは単に信仰の対象としてだけ扱われるようになり、教皇が変わるたびに新しく作り変えられた。「漁師の指輪」の名がある。

15世紀頃から認印に使われる「商人の指輪」が広まり、同じ頃恋人などに贈る「詩銘の指輪」、痙攣を防ぐ為の指輪などが一般にはめられた。
「毒入り指輪」は毒蛇の牙から着想されたもので、殺人や自殺の為に作られ、古くはハンニバルがこれを使って自殺したといわれる。

ジェムケリー@中継局/dichaマリッジ リングなどアパレル情報

司教の指輪@ジェム ケリー cm

ジェムケリーの宝石アパレル関連情報をご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/指輪 より>

その他の指輪
欧州の中世を通じて有名な「司教の指輪」は認印の指輪から発達したものといわれ、新司教が就任するとき、恭しい儀式を以って司教杖とともに渡された。7世紀初頭頃から一般的になり、1194年、インノケンティウス3世の時にこの指輪は金製でなんの彫刻も施してはならないことになったが、あまり守られず、後世司教たちの棺から発見された指輪には様々な彫り込みが見られる。

ジェムケリー@中継局/dichaマリッジ リングなどアパレル情報

婚約指輪と結婚指輪@ジェム ケリー cm 曲

ジェムケリーの宝石アパレル関連情報をご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/指輪 より>

婚約指輪と結婚指輪
婚約指輪はローマの古い時代からあり、初め鉄製であったのが2世紀ごろから金製になった。5世紀頃から結婚指輪をする習慣が生じ、11世紀頃からは教会の結婚儀式に組み入れられた。これは今日もっとも普通に見られる指輪で、婚約指輪はダイヤモンドか誕生石、結婚指輪は飾りの無い金製の甲丸型が多い。

ジェムケリー@中継局/dichaマリッジ リングなどアパレル情報

指輪にスカラベ@ジェム ケリー ピンキー リング ピンキー リング

ジェムケリーの宝石アパレル関連情報をご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/指輪 より>

起源
現存する最古の指輪は、古代エジプトの墳墓から発見されたもの。 特に第12王朝ごろから指輪に不死を象徴するスカラベを彫り込んだり、台座に止めたデザインのものが目立っている。まだ第18王朝の頃のものは純金製でデザインは単調でずっしりと重く、所有者の名と肩書きが象形文字で深く刻み込まれている。他に象牙、琥珀のものがあり、一般市民の間には青銅、ガラス、陶製のものがあった。

指輪にスカラベを飾る古代エジプトの風習は後に各地に伝わり、古代ギリシャ、エトルリア、フェニキアなどの指輪にもスカラベが見られる。ギリシャではその他台の一部に平らな広い面を持ち、そこに浮彫りの飾りをつけた金指輪も愛用されていた。フェニキアのものはスカラベが認印の用を果たしていた。エトルリアのスカラベは紅玉髄に彫ったものがある。

ジェムケリー@中継局/dichaマリッジ リングなどアパレル情報

指輪(ゆびわ)@ジェム ケリー ピンキー リング

ジェムケリーの宝石アパレル関連情報をご用意。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/指輪 より>

指輪(ゆびわ)は、手の指にはめる輪状の装飾品。宝石を付したものもある。稀に足の指にはめるものもある。歌詞や題名などの固有名詞には「指環」と表記されることもある。

素材は主に金属で金、銀、プラチナなどの貴金属が多い。木やアクリルのものもある。
有史以来存在し、はめる指により指輪に意味があるとされる。左手の薬指につける指輪は「結婚指輪」とされ「聖なる誓い」の意味が付される。結婚指輪については右手の薬指につける国や地域もある。古代ローマにおいては印鑑として用いられた。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。